目のまわりや顔のけいれんで悩んでいませんか?

光がまぶしい、眼が乾いてショボショボする、まばたきの回数が多くなる【眼瞼けいれん】や、顔の片側の目のまわりや口のまわりがピクピクする【顔面けいれん(片側顔面けいれん)】の症状でご相談に来られる方が、多くいらっしゃいます。

特に【眼瞼けいれん】は、初期症状がドライアイと似ているために正確な診断がつかないことも多く、なかなか改善されないケースがあります。進行の度合いによっては、だんだんと目を閉じている方が楽になり、車の運転を諦めたり、外に出るのが億劫になり日常生活に支障をきたすようになり、日常生活に大きな支障をきたします。

この病気に対する治療には、まぶた(眼輪筋)への【ボトックス治療】が有効です。
当院でも眼瞼けいれんや顔面けいれんに対するボトックス治療を行っております。規定の講習実技及びボトックス使用の認定を受けた医師が安全な治療を行っておりますので、目のまわりや顔のけいれんでお悩みの方は一度ご相談ください。

眼瞼けいれんとは

眼瞼けいれんは、脳や神経、筋肉の異常により、眼輪筋が自分の意思に関係なく急に収縮する病気で、まばたきの回数が多くなり、まぶしく感じるようになります。
50~70歳代の特に女性に多くみられる病気で、まれに20歳代でも起こることがあります。

ボトックス治療

治療方法

眼瞼けいれんや片側顔面けいれんの治療には【ボトックス治療】があります。
ボトックスは、神経から筋肉への命令が伝わらなくなり筋肉を一時的に麻痺させる作用があります。根治的に治す方法ではありませんが、けいれんしている筋肉をやわらげて症状を緩和いたします。
このボトックス療法は全世界で広く用いられています。日本では現在、眼瞼けいれんや片側顔面けいれん、痙性斜頸などの病気の治療法として許可され、保険適用されています。

治療効果

ボトックス療法の効果は早い方で2~3日後から現れ、概ね2~3カ月ほど持続します。効果が薄れてくるとだんだんと再び注射前の症状に戻ります。
症状が再び現れてきたら繰り返し注射を行います。眼瞼けいれん改善に効果を発揮している期間には個人差がありますので、医師と症状を相談しながら治療を行います。